FrontPage

ちょっとマニアックな動画の加工

PCに取り込んだ動画を加工するには通常画面上でマウスを使って操作する(GUIって言いますよね)アプリケーションを使いますが、無料で使えるアプリケーションには利用上の制限がついている事が多いようです。制限なしで使えるようにするためには有料版を使わなければなりません。無料のアプリで機能制限がないものはあるのか?と思い探してみたらありました。それがFFmpegです。

コマンドから使う動画編集アプリ

想像しにくいかもしれません。全ての操作をキーボードからの命令(コマンド)で行います。動画の編集なのに動画の内容は画面上で確認しません。どんな作業ができるのかというと

  • 動画のファイル形式を変更する
  • 動画の解像度(画素数)を変更する
  • 動画の圧縮レベルを変更する など。これ以外にも動画の一部を抜き出すとかフレームレードを変更するなど細かい編集を行う事ができます。様々なOSで使う事ができるのも魅力の一つです。コマンドになっているためバッチ処理ができるので、たくさんの動画ファイルに同じ処理を続けて行いたい場合には便利です。

使用例

このコマンドはできる事が多すぎて初めて使う方、動画の編集に詳しくない方には難しいと思います。解説を読んでも専門用語が多すぎるので、すぐに使いたい方向けに私が使っているコマンドを紹介しておきます。iPhoneやiPadで撮影した動画は書き出しすると通常movという拡張子がつきます。QuickTime?形式と呼ばれるApple独自の動画の形式です。このままでもYouTube?やvimeoに投稿することはできますが、ファイルサイズが大きいのでファイル形式を変えながら画素数を減らしてついでにフレームレートも少し落とすことで劇的に動画サイズを小さくする事ができます。 詳しくは解説がネットにたくさんありますので勉強してみてください。

ffmpeg -i $1.mov -pix_fmt yuv420p $1.mp4

コマンドと言いましたが、実際にはこのコマンドをシェルスクリプトとして保存して利用しています。いつも同じ処理をするのでファイル名を引数にして実行するだけで楽チンです。オプションを毎度入力するのは面倒ですからね。UNIX系ではコマンドを順に並べてまとめて実行するための仕組みをシェルスクリプトと呼びます。Windowsではバッチファイルという呼び方をしますが、基本的には同じものです。作業を効率化するにはシェルスクリプトやバッチファイルは大変有効です。慣れるとマウスを使った操作がバカバカしくなるほど便利です。

私は普段Macbookで動画の編集を行なっています。MacOSは内部がUNIXになっているので、コマンド処理を実行するためのターミナルはUNIXのコマンドを使います。Macbookでは負荷が重たい処理をさせたいときはCPUパワーのあるデスクトップを使いますが、こちらはUbuntuです。UbuntuはUNIXではありませんが、UNIX互換のLinuxですので基本的に、どちらの場合も同じコマンドで処理できます。Windowsの場合はWSLですとLinuxを同じコマンドでも大丈夫ですが、DOS窓では$1の部分を%1と置き換えてください。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-17 (日) 15:00:12 (12d)